6月2日に開催された通常総会の役員改選におきまして、内藤悦次会長から中央会会長の職務を託され、第8代会長に就任いたしました松葉惇です。
最近の経済状況は、円安とそれに連動した株高により、大手企業や大都市圏を中心に景気が上向いていると言われています。
しかしながら、我々、地方の中小企業にはその実感は乏しく、今後もこれまでと同じように、先行きの見えにくい厳しい経営状況が続くことが予想されます。
こうした中にあって、中央会の会長職を託されましたが、これまで内藤会長が築かれてきた様々な成果や路線を継承しながら、中央会の中核である組合支援を基本として、会員組合と組合員企業の経営力アップのために、果敢なチャレンジを続けて行く覚悟です。
是非とも、会員各位のご支援とご協力を心からお願い申し上げ、就任のご挨拶といたします。

山梨県中小企業団体中央会
会長  松葉 惇