山梨県山砕石事業協同組合


 砕石の作り方 

●環境にやさしい採取法●
砕石を作る過程においては、環境保全を最優先課題として取り組 んでいます。

[多くの生物を 守るために]
砕石現場では、区域内の生物相を あらかじめ調べ基調なものや自然性の高いものを避けて、砕石区域を設定するようにしています。これらの周辺には一定幅の林を残したり、緑化についての配慮 を行っています。
図

[景観をよくす るために]
砕石現場では、景観を考えた緑化 方法を採用しています。たえず、修景緑化を行いながら次へと進み、終掘面には早期緑化種、ツル植物を利用し、また高木種が繁茂する空間づくりを行っていま す。
図


1.
砕 石現場
(植栽をほどこしながら作業を進めます)
写真

2.
原 石の積み込み
(いろんな重機類が活躍します)
写真
写真

3.
ク ラッシャで原石を破砕
(種類別に分けます)
写真
集中制御室では各プラントの動きを監視します。
写真

4.
ベ ルトコンベア
(それぞれのプラントに搬送されます)
写真

5.
分 類された骨材
(種類別に貯蔵、出荷されます)
写真


組合概要砕石の作り方砕石の利用方法跡地の緑化と保全組織図
役員名簿組合員名簿位置図数字で見る砕石組合活動の様子
お知らせリンク集トップページ

Copyright (C) 山梨県山砕石事業協同組合 All Rights Reserved
〒409-3866 山梨県中巨摩郡昭和町西条5279番地
TEL:055-240-7311・FAX:055-240-7312
e-mail:yamasai@eps1.comlink.ne.jp