令和4年度農山漁村発イノベーション山梨県サポート業務を開始! 

山梨県中小企業団体中央会では、これまでの6次産業化を発展させて、農山漁村の活用可能な地域資源を他分野と組み合わせること等により活用する「農山漁村発イノベーション」により、地域における新たな事業・雇用機会を創出する取組を推進するため、山梨県から業務を受託し、「農山漁村発イノベーション山梨県サポートセンター(以下、「サポートセンター」という。)」を設置し、業務を開始しました。

農山漁村発イノベーションの推進にあたっては、農業以外の事業にも取り組む農林漁業者や農林漁業者以外の事業体等多様な主体が対象となります。

ソフト・ハード支援、専門家(地域プランナー)による伴走支援等、多様なメニューで地域の実情・ ニーズに応じて支援します。       

 

令和4年度支援対象者(プランナー派遣による支援を受けることができる事業者等)

地域委員会が選定した農山漁村発イノベーション事業体の中から、経営全体の付加価値を増加するための経営や経営全体の経営改善方策、組織運営の改善方策等(以下、「経営改善戦略」という。)の作成及び実行を支援することを決定した者及び、より重点的に支援する必要があると認める者(以下、「支援対象者」という。)で、以下の要件を満たす者

(1)プランナーによる支援を受ける者は目標年度までの経営全体の付加価値額の伸び率を増加する目標を自ら設定する者(支援実施年度内に経営改善戦略の策定が必須)

(2)事業実施年度の翌年度から目標年度まで、サポートセンターによる「経営改善戦略」の実行状況の確認についてあらかじめ同意している者

 なお、プランナー派遣は、(1)で掲げた目標を達成するための経営改善戦略の作成及び実行の支援のために行います。

 

  — 支援のイメージ —

   1 前記(1)及び(2)の要件を満たした上で、プランナーの派遣を希望する。

   2 地域委員会にて、支援対象者と決定される。

   3 目標を達成するための経営改善戦略の作成及び実行のため、プランナー派遣による支援を受ける。

   4 作成した経営改善戦略に基づき、支援対象者自らが取り組みを実施する。

 

募集期間:令和4年4月15日(金)から令和5年3月24日(金)

支援件数:8件(予定)

支援回数:8回程度

 

■地域プランナーの登録について

 プランナー設置要綱等を定めた上、事務局による書類審査及び面接を経て、地域委員会により決定

 (募集終了)

 

■相談窓口の設置

 「農山漁村発イノベーション」により、地域における新たな事業・雇用機会を創出する取組に係る各種相談に対応するため、相談窓口を設置します。

 窓口運営日:土・日・祝祭日及び年末年始を除く平日

 相談時間:午前9時から午後5時まで

 対象者:「農山漁村発イノベーション」により、地域における新たな事業・雇用機会を創出する取組に関心がある者又は取り組んでいる事業者等

 

■問い合わせ先

   農山漁村発イノベーション山梨県サポートセンター(山梨県中小企業団体中央会地域開発課内)

    住所:山梨県甲府市飯田2-2-1

    電話:050-6864-6788

    E-mail:yama6sapo@chuokai-yamanashi.or.jp